tkm2261's blog

研究員(OR屋) → データ分析官 → MLエンジニア → ニートがデータ分析諸々書いてます

米国大学院留学ご支援のお願い

こんにちは、tkmこと佐藤貴海(Sato, Takami)です。

本日は以前ご報告した米国大学院留学に際して、

ご祝儀を頂ける申し出を何人かの方から頂き、僭越ですが窓口を作らせて頂きました。

どんな形でもご支援頂けると嬉しいです!

一応行ってしまえばTA/RAで何とかなるっぽいですが、全然わからないのでご支援頂けると助かります!

留学先プログラムに関して

UC Irvine, the Donald Bren School of Information and Computer SciencesのMaster of Science degree in Computer Scienceのプログラムに2018年9月から留学予定です。

このプログラムはMaster of Scienceなので研究を目的としたMasterで、Ph.D.を目指していた自分としてもPh.D.進学を目指して入学をします。

Research MasterとProfessional (course) Masterの違いはこちらに載っています

MCS vs. MSCS | MCS ICS

Ph.D.進学を考えているので、なるべくMasterで借金をせずに卒業したいという考えを持っています。

いくらかかるのか

こちらで少し述べましたが、

コネなし論文なし英語苦手なアラサーのおっさんだけど米国CS大学院入学に頑張ったので全てを晒す ー お金編 - - tkm2261's blog

UCI University - Graduate/Credential Student Fees 2017-18によれば、

年間$32,433が授業料等でかかり、部屋代が年$10,000とすると、合計で$42,433

1ドル107円とすると年間4.540,331円となります。

修士課程は2年間なので約900万円が必要になります。

私の財務状況

Ph.D.で行くにしてもお金はかかるため多少は貯めており、

1年間は通える程度の貯蓄はあります。

奨学金について

これまで船井・伊藤国際・中島記念・平和中島・日本学生支援機構の各財団に応募して全て落ちています。

合格後に応募できる重田財団の奨学金にこれから応募予定です。

日本の留学奨学金の大半は学生であることが応募資格に入っており、選択肢が限られている状況です。

現地での稼ぎ

私はF-1ビザ(学生ビザ)で行く予定なので大学外での就労が禁止されています。

一応Reseach MasterなのでTA/RAが一応あるようですが、保証はされていません。さらに博士学生優先なのと初海外でいきなりTAは英語力的にも厳しいと考えており、初年度は計算できない状況です。

ただ2年目以降は米国では大体の学生が研究プロジェクトからお金を貰えるとの噂もあり、正直な所いってみないとわからないのが現状です。

ご支援の窓口

少し真面目な話をしましたが、どんな形でもご支援頂けると嬉しいのでお願いします!

Amazonギフト

https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/22IERFKB3JGKV/

こういう場合モノのほうが良いとは思いますが米国に持っていけないので、ギフト券にさせて下さい。日本法人のギフト券なので最悪換金して米国に持ち出します。

Amazon.comでのギフト券

もしAmazon.comでUSドルでギフト券を頂ける方いましたら、takamisato1113[at]gmail.com宛にお願いたします。

Amazon.com: Amazon.com eGift Card: Gift Cards

各種仮想通貨の投げ銭

仮想通貨で投げ銭頂ける場合はこちらにお願いたします。

個別のご支援

上記以外の方法で、ご支援頂ける方がいましたら

の佐藤貴海までご連絡頂ければ幸いです。

向こうでは死ぬほど忙しい事が予想されるので、お仕事をお受けすることは出来ませんが、

ブログやTwitterでのPRや、出国前や帰国時の講演については最大限強力させていただきます。

余ったご支援金について

もし万が一ご支援金が余るようなことがありましたら、Ph.D.卒業後に留学奨学金の財団のどこかに寄付を致します。

米国CS大学院の受験記事に解説動画作りました。

こんにちは、tkmです。

折角youtuberになったでの、記事だけじゃないくて解説動画も作ってみました。

留学考えている人のためになればと思います。

www.youtube.com

コネなし論文なし英語苦手なアラサーのおっさんだけど米国CS大学院入学に頑張ったので全てを晒す ー GPA編 -

こんにちは、tkmです。

今回は出願時結構混乱したGPA(Grade Point Average)について書いていきます。

米国ではGPAが超大事

米国では卒業するだけじゃなくてGPAを非常に重視します。大学院受験だけじゃなくて就活にも効いてくるので覚醒剤使ってでも勉強しているのはこれのためですね。

大学によってはminumum GPA を設定している場合があるので出願時に注意しましょう。

GPAが成績表に明示されていない大学は要注意

私が卒業した東工大は100点満点で60で単位が貰えるシステムでGPAは導入されていません。

私の学部のGPAは平均をとって84.2/100と記載します。分母がいくつかを右に書きます。

フォームで別に分母を書かせる場合もあるので指示にしたがってください。

GPAは色んな換算式がありますが、変な疑心暗鬼を起こさないために単純平均を使うのが無難です。

UC BerkeleyのようにGPA換算式のスプレッドシートを要求してくる大学もあります。

コネなし論文なし英語苦手なアラサーのおっさんだけど米国CS大学院入学に頑張ったので全てを晒す ー お金編 -

こんにちは、tkmです。

今回は学費および出願にかかる費用について書いていきます。

出願費用

大体で見積もります。

項目 単価 回数 合計
TOEFL iBT $230 10回 $2,300
GRE $205 5回 $1,025
出願費用 $120 20校 $2,400
TOEFLスコア送付費用 $20 20校 $400
GREスコア送付費用 $27 20校 $540
合計 $6,665

1ドル107円換算で713,155円となるので。かなり高額ですね。。。

ただかなり多めに見積もっています。

TOEFLGREは早めにスコアが取れれば受験回数が減らせます。出願校も10校ぐらいにすれば半額です。

お財布と相談して受験戦略を決めましょう。

学費

基本的にPh.D.はお金を貰えるので、学費の心配はありません。

そのため修士の学費について見ていきましょう。

f:id:tkm2261:20180415071101p:plain

UC Irvineの場合、部屋代が入ってないので+$10,000ぐらいを考えると、440万円vs722万円

州立は安いものの、とても安いとは言えない値段ですね。

Research MasterにはTARAの口が結構あるみたいですが、最低1年ぐらいは学費を払う必要がありそうです。

国立大学の学費が年52万円の日本はホントに良い国ですね。

コネなし論文なし英語苦手なアラサーのおっさんだけど米国CS大学院入学に頑張ったので全てを晒す ー 出願後の過ごし方 -

こんにちは、tkmです。

今日は大学院出願後の過ごし方について少し書いていきたいと思います。

出願後の4ヵ月は人生で最も生産性が落ちる期間

明日結果が来るのではないかと、日々過ごすのはとてもストレスです。

結果が来てもお祈りされ続けると気が沈んで、何するにも手に付かなかったりします。

ニートを選択したのも、働きながらこの4ヶ月を過ごす自信がなかったからというのも大きかったです。受かった瞬間会社辞めるから何にもコミット出来ないですしね。

何でも良いので生産的な生活を心がけましょう。

時差的に連絡が来るのは深夜なので、昼間の生産性は落とさないようにする。

大体、朝の3~6時にメールが来ることが多いので昼間はメールを頻繁にチェックしたりしないようにしましょう。

Grad Cafeは見すぎない

大学院の合否結果を共有するGrad Cafeというサイトがあります。

thegradcafe.com

大体の連絡がくる目安が分かる良いサイトな反面、嘘もあったりするのでそんなに見ても意味ないです。

まあ気になって毎日見てしまうんですけどね。。。

”はじめに”にも書きましたが連絡来る日程はこんな感じです。私は嘘ついてないので過度にネットに踊らされずに心静かに結果を待ちましょう。

f:id:tkm2261:20180415055419p:plain

コネなし論文なし英語苦手なアラサーのおっさんだけど米国CS大学院入学に頑張ったので全てを晒す ー 出願とそれまでのスケジュール -

こんにちは、tkmです。

今日は出願するまでどういうスケジュールで動くと良いかを解説します。

TOEFL対策は1年見といたほうが良い

留学のスケジュールを決める上でTOEFLのスコアが何時上がっていくるかがとても重要です。

それ以外のGRE・SoPは最短1ヵ月あれば何とかなります。

個人的には英語(TOEFL)の記事で紹介した私のスコア推移的に1年は見ておいた方が安全です。

例:今年(2018年)に受験する場合

日程 内容
2017年夏頃 TOEFL対策開始
2018年夏頃 TOEFLスコアで良いスコアがとれる。 GRE対策開始
2018年9月 国内奨学金応募
2018年10月 SoP作成開始 ・推薦状作成
2018年11月 願書作成
2018年12月 出願
2019年1~4月 結果待ち

出願に必要なもの

大体の大学は以下のものがあれば出願することが出来ます。

  • TOEFL iBT (IELTS)
  • GRE
  • 推薦状3通
  • SoP (Statement of Purpose)
  • 成績表(スキャンして提出がほとんど)
    • 短期でも海外で授業取ったことあるならそれもあると良い

その他に大学によって

  • Personal History Statement
  • Diversity Statement

なども必要な場合があります。

またGatechのISyE Ph.D.では数学をどの授業で取ったかなども聞かれました。

Have you taken and passed the following courses? If so, please indicate the course name, course number, grade, term taken, and institute on which transcript it will appear.

* Differential calculus, basic integral calculus, infinite series
* Linear algebra, multivariable theory, vector spaces, matrix operations
* Taylor's theorem, Lagrange Multipliers, multiple integration
* Conditional probability, calculus based distribution theory, expected values, covariance
* Statistical hypothesis testing, interval estimation, maximum likelihood estimation
* Simple random walk, theory of discrete time Markov chains
* Renewal theory, Poisson processes, Brownian motion
* Analysis: compact sets, convergent sequences, limits of functions
* Optimization: optimality conditions, duality theory, algorithms

日本の授業名は長いので書けないことがありますが、出来る限り書きましょう。

出願は頑張っても1日2校が限界

出願には、書類を記載するだけですが思った以上に工数がかかります。

例えば、

  • SoPを大学毎に書き換える
  • 大学名で大学を選んだ場合、指導教員を調べるのに時間がかかる
  • 大学特有の書類を求められたりする

などなどあります。自分で作業してみて1日2校が限界でした。

12/15が締切の大学がほとんどなので、20校出す場合は安全をみて12月から出願作業するのが無難ですし、 可能ならば11月中に終えたいところです。

出願は志望度の低い大学から

出願もするにつれて段々慣れてきます。SoPの修正の仕方も慣れてきますし、SoPの文章の間違いに途中で気づく事もあります。

つまり出願するにつれて書類の完成度が上がってくるので、志望度が高い大学はなるべく後回しにしましょう。

どうしても行きたい大学から作業しちゃうんですよね。。。

コネなし論文なし英語苦手なアラサーのおっさんだけど米国CS大学院入学に頑張ったので全てを晒す ー 出願先の決め方 -

こんにちは、tkmです。

今回は留学時の出願先の決め方について、コネがなかった私のやり方を書いておきます。

もちろん指導を受けたい教授がいて、そこを志望するのが一番ですが。リスクヘッジのために出願先を探す作業が普通は発生します。

やり方に正解はないですが、私の場合の方法を書いておきます。

教員から探す場合

  • トップ会議(ICML・NIPS・KDD等)の興味ある論文のLast autherの名前と所属をメモる
  • トップ会議の興味のあるワークショップのファシリテーターの名前と所属をメモる
  • トップ会議の興味のあるワークショップの興味ある論文のLast autherの名前と所属をメモる
  • 興味のある授業の担当教員の名前と所属をメモる

これを数年分やるだけでも結構大変ですが、かなりリストアップすることができます。

大学名から探す場合

超ミーハーな方法ですが、もし日本で就職するときとかには有名大学に行ってないと通りが悪いので大学名も重要です。

ただミーハーなのは他の留学生も同じなのでアイビーリーグとかは倍率高いので気をつけてください。

grad cafeは大学院入試の結果が共有されているサイトで出願すると超お世話になると思います。ここに書かれるイコールそれなりに有名大学なので、大学を知るためにも使えます

相当自信がある人以外は、Master of Scienceのプログラムも出す

全落ちすると精神的にツラいのと、翌年の参考にならないので、行く気が薄くてもMSプログラムには出願しておきましょう。

MSプログラムにはProfessional系の研究しない修士課程があるので、取得できる学位をしっかり確認しましょう。Master of Scienceって書いてあればだいたい大丈夫です。

SoPに指導をお願いしたい教員を書く

SoPには普通指導を受けたい教員の名前を書きます。大学名から選んだ場合はFaculity Listから研究が近い教授を選びます。

この作業はかなり時間がかかるので出願は余裕を持ってしましょう。大体12/15締切の大学が多いので11月中には出願を終えるぐらいが良いです。

出願時に指導教員の希望を書くフォームがある場合もあります。

出願前にコンタクトを取るか

もちろんコンタクトを取れたほうが良いですが、怪しげなアジア人から送られてきたメールを読む人は少ないという説もあって闇雲にやっても効果は微妙です。

ただしPhDは教授とのコネが全てなので、コンタクトが取れてない時点でかなり合格の目は薄くなります。

私はコンタクトを送りませんでしたが、是非にという目当ての教授がいる場合は送ると良いでしょう。